サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ミラ、アルト、ミニカ!小さいけど超刺激的な軽ホットハッチバトル:前編【MOTA写真館】

ここから本文です

軽自動車の排気量が550ccだった1980年代後半、ダイハツ、スズキ、三菱の3社から、小さいながらも超刺激的な軽スポーツモデルがリリースされていた。きっかけは、1985年に登場したダイハツ ミラTR-XXで、3年後の1988年にスズキ アルトワークス、1989年に三菱 ミニカダンガンがデビューし熱いバトルを繰り広げることになる。

軽スポーツパワー合戦の火付け役!ダイハツ 初代ミラTR-XX

量産車世界初!550cc5バルブDOHCエンジンを搭載した三菱 6代目ミニカ ダンガンZZ【MOTA写真館】

ダイハツ ミラのスポーツモデル初代にあたるミラTR-XXは、1985年に初登場。1987年のマイナーチェンジでフェイスリフトを実施し、ターボモデルにもATが設定される。

おすすめのニュース

サイトトップへ