サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、半導体不足により国内2工場で稼働停止 「ヤリスクロス」「C-HR」など

ここから本文です
トヨタ自動車は5月18日、半導体不足により国内で生産調整に入ると発表した。コンパクトカーを生産するトヨタ自動車東日本(TMEJ)の2工場を6月中に3~8日間、止める。減産影響は約2万台。半導体の手当てがつきしだい挽回生産する方針だ。

生産調整するのはTMEJの岩手工場(岩手県胆沢郡)と宮城大衡工場(宮城県黒川郡)。岩手工場は「C-HR」を生産する第1ラインを6月7日から14日までと21日から22日まで、「ヤリス」「ヤリスクロス」を生産する第2ラインを6月9日から15日まで止める。ヤリスクロスを生産する宮城大衡工場も6月9日から11日まで止める。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン