サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 住友グループ、同一ビル内企業間におけるカーシェアリングの実証実験開始

ここから本文です
住友商事九州、住友三井オートサービス(SMAS)、東海理化、 dotDの4社は、同一ビル内企業間におけるカーシェアリングの実証実験を博多管絃ビル(福岡市博多区)で開始した。

テレワークの普及など働き方改革に伴い、社用車での移動機会が減少しつつある中、多くの企業で固定費削減のため、社用車の削減や使用分のみの利用料を支払うモビリティサービスへの移行ニーズが高まっている。今回の実証実験では、稼働率の低下した社用車を1社で管理・利用するのではなく、同じビルに入居する複数企業間でシェア。企業間カーシェアリングにおける潜在ニーズの検証とサービスの構築を目指す。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン