サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ ソリオは、とてもマジメに作られたハイトワゴンだった【10年ひと昔の新車】

ここから本文です
「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は5人乗りのハイトワゴンで、2011年にフルモデルチェンジした2代目スズキ ソリオだ。

スズキ ソリオ(2011年:2代目フルモデルチェンジ)
2代目にフルモデルチェンジされたスズキ ソリオは、近年のコンパクトカーの中でもかなりの傑作だと思う。プラットフォームを一新し、もはやワゴンRとの姻戚関係は解消。パレットのリアドアまわりを活用したスライドドアを備ることで、さらに本格派のハイトワゴンとして生まれ変わった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン