サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、2019年3勝目で選手権3位に「メルセデスに勝つ速さがあった。ホンダF1の進歩をうれしく思う」

ここから本文です

 2019年F1ブラジルGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはポール・トゥ・ウインを達成した。

 ソフトタイヤでスタートしたフェルスタッペンは、21周目に新品ソフト、44周目にミディアムに交換、セーフティカー出動時の54周目にソフトに換えて最後まで走った。

ホンダF1、創業者宗一郎氏の誕生日に28年ぶりの1-2「我々のPUによってドライバーに力を与えることができた」と田辺TD

 スタート後、ポジションを守ってレースをリード。2番手を走るルイス・ハミルトンがピットインした翌周にピットに入ったが、ピットレーンでウイリアムズのロバート・クビサが目の前に出てきたことで時間を失い、ハミルトンの後ろでコースに復帰した。