サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レギュラーとハイオクの違いとは!あえてハイオクを入れるメリットはあるのか?

ここから本文です

■レギュラーとハイオクの違いとは?

 レギュラーとハイオクは、ノッキングのしにくさを表す尺度であるオクタン価の違いによって分けられます。オクタン価が高い=ノッキングがしにくい燃料といえるでしょう。ノッキングとは、ガソリンが異常燃焼を引き起こすことを指します。つまり、オクタン価が高いガソリンはノッキングしづらい、ということになるのです。

バイクの寿命ってどれくらい? 寿命を伸ばすコツを解説

 オクタン価は、JIS規格のリサーチ法により決められており、ハイオクは「96.0以上」、レギュラーは「89.0以上」と分けられます。一般的には、ハイオクガソリンには清浄剤が添加されています。

おすすめのニュース

サイトトップへ