サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダが先陣「自動運転レベル3」新型レジェンド “操縦主体はシステム”で何が変わる

ここから本文です

「操縦の主体」が人からシステムに

 ホンダは2021年3月5日(金)、最高級セダン「レジェンド」の新型を発売します。このクルマは量産車で世界初となる「レベル3」の自動運転機能を持つクルマです。

「世界一黒い」BMWを実見! 脳が混乱するほどの「黒を超える黒」、公道は走れるの?

 国土交通省は自動運転の機能を5段階のレベルで評価しており、これまでの量産車に搭載されてきた数々の「自動運転技術」と呼ばれるものはレベル2までの技術です。レベル2までは、操縦の主体はあくまで「ドライバー」にありますが、レベル3以降は、「操縦の主体がシステム」、つまりドライバーではなくシステムが運転の責任を負うようになります。

おすすめのニュース

サイトトップへ