サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまやレアものばかり!? 意外とカッコイイのに売れないセダン5選

ここから本文です

いまやレアものばかり!? 意外とカッコイイのに売れないセダン5選

■売れていないけど、そこそこカッコイイセダン5選

 いまの日本の自動車市場は、軽自動車やミニバン、SUVが売れ筋モデルとなっていて、セダンは一部車種を除くと少数派になりつつあります。

渋いデザインとハイパワーが似合う ちょいワルオヤジに乗ってほしい国産セダン5選

 そのセダンのなかでもかなり顧客が限られ、販売台数のランキングで上位に来ることがないマイナーなモデルが存在します。

 そこで、マイナーなセダンのなかでもじつはスタイリッシュなモデルもありますので、代表的な5車種をピックアップして紹介します。

●ホンダ「グレイス」

 かつてホンダ「フィット」の派生車としてタイで生産された「フィットアリア」というセダンがありましたが、いかにも後付け感のあるトランクで、あまりカッコイイとは言い難いモデルでした。

 そこで、2014年にフィットアリアと同じくアジア圏などの新興国向けモデル「シティ」を、日本市場向けに仕立てた「グレイス」を発売しました。

 グレイスはフィットをベースとした5ナンバーサイズのセダンですが、ホイールベースは延長され、スタイルもフィットとは明確に違う印象となっています。

 外観はフロントの高さを抑えトランクを高くした、いわゆる「クラウチングスタイル」という手法のデザインで、止まっている状態でもスピード感が感じられるような、ベーシックセダンとしてはスタイリッシュに演出されました。

 パワートレーンはフィットと同様の1.5リッターのガソリンエンジンと、これに1モーターを組み合わせたハイブリッドが用意されており、ハイブリッドではJC08モード34.8km/Lと低燃費を実現。

 グレイスは教習車に採用されていることもあり、扱いやすいセダンなはずですが販売台数も低迷し、なかなか目立たない存在となってしまっています。

●日産「シルフィ」

 すでに名前が途絶えてしまっていますが、日産には往年の名車「ブルーバード」がありました。

 ブルーバードの名を最後まで継承していたのが、2012年まで販売していた「ブルーバードシルフィ」で、現行モデルにモデルチェンジした時点で「シルフィ」となり、ブルーバードの歴史が途絶えます。

「サニー」とシャシを共有していた初代ブルーバードシルフィのころから、メインとなるユーザーは比較的高齢者が多く、その流れは先代まで続いていましたが、現行モデルではエアロパーツで加飾された「シルフィ Sツーリング」をラインナップするなど、新たな購買層に向け訴求しています。

 パワートレーンは1.8リッター直列4気筒のみで、メカニズム的にはとくに際立つものはありませんが、200万円を切る価格から用意されるなど、日産のベーシックセダンの役割を担った存在です。

 すでに「上海モーターショー2019」で新型シルフィが発表され、さらにスタイリッシュに変貌を遂げていますが、いまのところ日本での販売は公式にアナウンスされていません。

●スバル「インプレッサG4」

 スバル「インプレッサ」といえば世界ラリー選手権に出場し、数々の栄光を掴んだ「インプレッサWRX STI」に代表される、スーパースポーツセダン/ワゴンのイメージが思い浮かびます。

 しかし、その役割は現在「WRX」にバトンタッチし、インプレッサはベーシックなハッチバック「インプレッサスポーツ」とセダン「インプレッサG4」になりました。

 フロントマスクは一連のスバル車に共通する精悍なイメージになっており、ハッチバック、セダンともにスポーティな佇まいです。

 スバルのクルマといえば水平対向エンジンに4WDの組み合わせが定番ですが、FRの「BRZ」とOEMの軽自動車を除くとインプレッサにはスバルで唯一の2WD(FF)が用意されています。

 これは、4WDを必要としない地域向けですが、もともと優れたシャシ性能で定評のあるインプレッサですから、2WDであっても走りの質感の高さはキープしています。

 1.6リッターと2リッターのエンジンがラインナップされ、それぞれ115馬力、154馬力とスペック的には平凡ですが、高い安全性を誇る先進安全技術「アイサイト」が全車標準装備され、価格も194万4000円(消費税込、以下同様)からと、戦略的な価格設定となっています。

■かなりレア物のセダン「アルティス」と「キザシ」

●ダイハツ「アルティス」

 ダイハツはいまから50年ほど前にトヨタと業務提携契約を締結しました。締結後には稀代の珍車セダン「シャルマン」が誕生し、その後はダイハツ独自の開発によるセダン「アプローズ」を発売しましたが、不具合から車両火災を起こしたことでイメージダウンもあり、こちらも珍車に仲間入りしました。

 2000年にアプローズを生産終了した後、トヨタ「カムリ」のOEM車「アルティス」を発売。現在は2012年に発売された4代目となります。

 カムリは北米がメインの市場ということもあり、現行モデルでは全長4885mm、全幅1840mmとかなりの大柄ですが、そのサイズを有効に使った流麗なデザインが特徴です。

 アルティスもエンブレム以外のデザインはカムリと同一ですから、当然、スタイリッシュなセダンとなっています。

 パワートレーンも2.5リッターのハイブリッドのみで、1グレード展開ですが価格は353万1600円とカムリと同額となっています。

 アルティスを街なかで見る機会は極めて稀ですが、仮に見かけたとしても、エンブレムで瞬時に判別しないと気が付かないでしょう。

 見かけたらかなりラッキーかもしれません。

●スズキ「キザシ」

 スズキ「キザシ」は2009年に発売され2015年に販売を終了した、2.4リッターのエンジンを搭載した4ドアセダンです。

 北米、欧州、中国などでも販売されたグローバルカーで、同時にスズキのフラッグシップカーでした。

 ボディサイズは全長4650mm、全幅1820mmの3ナンバー専用車で、外観のデザインは欧州車テイストのスポーツセダンをイメージさせます。

 実際に欧州・北米で走行テストを重ね、四輪独立懸架のサスペンションによるスポーティな走りと、快適な乗り心地の両立を目指して開発されました。

 残念ながら日本での販売は低迷してしまい、フルモデルチェンジすることなく1代で販売を終了しましたが、警察車両としてキザシを見かけたことがある人も多いでしょう。

 捜査車両として「覆面パトカー」が警察庁、警視庁に多数納入され、街に溶け込み目立ってはいけない覆面パトカーのはずが、レアなキザシでは逆に目立ってしまうという矛盾もありました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します