現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジープはなぜ人気絶好調!? 史上最高の販売を記録したジープの強さの理由とは

ここから本文です

ジープはなぜ人気絶好調!? 史上最高の販売を記録したジープの強さの理由とは

掲載 8
ジープはなぜ人気絶好調!? 史上最高の販売を記録したジープの強さの理由とは

■2021年はジープブランド史上最高の販売を記録

 ステランティスの各ブランドを日本で展開するFCAジャパンとグループPSAジャパンは2022年1月18日、昨2021年のステランティス7ブランド合計で過去最高の販売記録を達成したと発表しました。

【画像】大人気ブランド「ジープ」の最新モデルをまとめて見る(25枚)

 そんななかでもステランティスのブランドは好調。 アバルト、アルファ ロメオ、シトロエン、DSオートモビル、フィアット、ジープ、プジョー各ブランドの2021年販売台数合計は、対前年比で10%増の4万4976台となり、史上最高を記録しました。

 そして7ブランド合計のマーケットシェアは17%を超え、輸入車の6台に1台はステランティス・ブランドのモデルとなったといいます。

 ステランティスのブランドのなかでもっとも販売実績が多かったのはJeep(ジープ)で、1万4294台。これはブランド初の1万4000台超えとなり、過去最高の数字となります。

 なぜジープは人気なのでしょうか。

 あらためて販売台数を見てみると、ジープブランドは2013年以来9年連続して販売記録を更新し続けていることがわかります。

 2021年の販売台数も対前年比で5%伸ばしています。11年前、2010年の販売台数が2000台に届かなかった時代と比較すれば、その数字は7倍以上にもなっているのが驚きです。また月間販売台数の過去最高も4回(2021年1月/2月/3月/4月)更新したといいます。

 まず挙げられるのが、ジープの代表車種「ラングラー」の好調ぶりです。

 2021年は6931台と、対前年比で20.4%アップを記録。DセグメントSUVのライバル車、ボルボ「XC60」(2021年3545台)やメルセデス・ベンツ「GLC」(2021年3178台)、BMW「X3」(2021年3017台)などに比べても多く、同セグメントではベストセラーモデルとなっているのが特徴です。

 さらに「レネゲード」は3800台、「コンパス」が2651台と、B/Cセグメントと呼ばれるコンパクトSUVの販売好調もジープブランド躍進の原動力となりました。ちなみにラングラーとコンパスの2モデルが過去最高を更新しました。

 昨年2021年はジープブランド登場80周年ということで、多くの限定車を設定したことも販売台数を伸ばした理由のひとつです。ディーラー網も整備が進み、国内83拠点。また最新のCI店舗「ジープラウンジ」も展開されています。

■2022年も話題が多いジープ

 では2022年のジープはどのような展開となるのでしょうか。

 2021年の年末、ジープは新たなモデルを2台日本で発表しています。

 1台は2021年11月に発表された「グラディエーター」。このモデルは2018年のLAショーで26年ぶりにジープの名を関するピックアップトラックで、日本導入モデルはジープ最強のオフロード性能を誇る「ルビコン」仕様。モノグレードで車両価格(消費税込、以下同)は770万円となります。

 全長5600mm×全幅1930mm×全高1850mm、ホイールベースは3490mmという巨大なピックアップトラックのため、日本においてそれほど台数が販売されることはないと思われますが、発売開始後2週間の受注はすでに150台を記録しているといいます。

 さらに2021年12月には、プレミアムSUV新型「グランドチェロキーL」が発表されています。

 新型グランドチェロキーLは10年ぶりにフルモデルチェンジを果たした4代目モデルで、全長5200mm×全幅1980mm×全高1795-1815mm。ホイールベースは3090mmとフルサイズのSUVです。

 グランドチェロキー史上はじめて3列シートを搭載、6名または7名乗車が可能です。リミテッドとサミット・リザーブの2グレード構成で、車両価格は788万円から999万円となっています。

 この新型グランドチェロキーLの発売は2022年2月19日となっています。

※ ※ ※

 2022年のジープは、ラングラー、レネゲード、コンパスという売れ筋モデルを中心に展開、それを新モデルであるグラディエーターやグランドチェロキーLが支えるという構図となっており、2021年以上に話題も豊富です。

 2022年も、ジープブランドのさらなる躍進が期待されます。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

トヨタ、WRC初開催のラトビアにフルエントリー。得意の高速グラベルで選手権リードを奪えるか
トヨタ、WRC初開催のラトビアにフルエントリー。得意の高速グラベルで選手権リードを奪えるか
AUTOSPORT web
BMWジャパン、「M4」一部改良 ターボエンジンの出力を向上
BMWジャパン、「M4」一部改良 ターボエンジンの出力を向上
日刊自動車新聞
【新型ノートオーラNISMO 4WD試乗】スポーツドライビングから雪道まで、高い走行性能を発揮するNISMOらしいモデル
【新型ノートオーラNISMO 4WD試乗】スポーツドライビングから雪道まで、高い走行性能を発揮するNISMOらしいモデル
月刊自家用車WEB
大人空間なフラットシート! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
大人空間なフラットシート! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ケビン・マグヌッセン、今季限りでハースF1を離脱。チーム創設初期から計7シーズン在籍
ケビン・マグヌッセン、今季限りでハースF1を離脱。チーム創設初期から計7シーズン在籍
motorsport.com 日本版
ダイハツ、インドネシア最大のモーターショーでコンセプトカー「me:MO」出展へ
ダイハツ、インドネシア最大のモーターショーでコンセプトカー「me:MO」出展へ
レスポンス
2024鈴鹿8時間耐久ロードレース、放送時間一覧。今年もJ SPORTSとBS12で中継
2024鈴鹿8時間耐久ロードレース、放送時間一覧。今年もJ SPORTSとBS12で中継
motorsport.com 日本版
クセ強めのフランス車好きも思わず納得? 超王道ドイツ車を今こそ乗ってほしいワケ
クセ強めのフランス車好きも思わず納得? 超王道ドイツ車を今こそ乗ってほしいワケ
ベストカーWeb
【デイトナ】「茶ミ☆スタラリー」と「黄金KAIDO御刻印ツーリングラリー」がコラボ!スタンプを集めれば豪華記念品が当たるかも!  
【デイトナ】「茶ミ☆スタラリー」と「黄金KAIDO御刻印ツーリングラリー」がコラボ!スタンプを集めれば豪華記念品が当たるかも!  
モーサイ
鈴鹿8耐スズキブース、跨りバイク展示やグッズ販売、さらに#0 GSX-R1000R(CNチャレンジ仕様)を参考展示
鈴鹿8耐スズキブース、跨りバイク展示やグッズ販売、さらに#0 GSX-R1000R(CNチャレンジ仕様)を参考展示
WEBヤングマシン
トヨタが「新型GR86」発表! 「走りの変化」が凄い! 「登場“3年目”の改良」で何が変わった?
トヨタが「新型GR86」発表! 「走りの変化」が凄い! 「登場“3年目”の改良」で何が変わった?
くるまのニュース
体格はレーシングにおいて影響が大きい?
体格はレーシングにおいて影響が大きい?
バイクのニュース
レクサス LBXのハイパオフォーマンスモデル「モリゾウRR」を新規設定。「ビスポーク ビルド」も100台を抽選販売
レクサス LBXのハイパオフォーマンスモデル「モリゾウRR」を新規設定。「ビスポーク ビルド」も100台を抽選販売
Webモーターマガジン
元WRC王者がランチアの新型ラリーカーを特別テスト。「イプシロンの開発に貢献でき光栄」とビアシオン
元WRC王者がランチアの新型ラリーカーを特別テスト。「イプシロンの開発に貢献でき光栄」とビアシオン
AUTOSPORT web
名古屋エリアに初登場したBMWのハイヤーはEVセダン! 名鉄タクシーグループが「BMW i5」を1台導入
名古屋エリアに初登場したBMWのハイヤーはEVセダン! 名鉄タクシーグループが「BMW i5」を1台導入
THE EV TIMES
猛暑を乗り切る! クシタニの2024春夏おすすめメッシュアイテムが到着
猛暑を乗り切る! クシタニの2024春夏おすすめメッシュアイテムが到着
バイクブロス
「見づらいんですが…」 一時停止“超えての停止”は違反? どうやって通行すべき? 警察も呼びかける「正しい方法」とは
「見づらいんですが…」 一時停止“超えての停止”は違反? どうやって通行すべき? 警察も呼びかける「正しい方法」とは
くるまのニュース
アルファロメオ『ジュニア』、右ハンドル仕様を初公開…グッドウッド2024
アルファロメオ『ジュニア』、右ハンドル仕様を初公開…グッドウッド2024
レスポンス

みんなのコメント

8件
  • ラングラーはライバル不在の独り勝ち。
    なんとかランクル70シリーズを国内販売復活してほしい。
  • 「そんななかでも、、、」
    全く文章に繋がりがないね。
    何を指してそんなと言ってるんだよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

934.01189.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

509.51198.0万円

中古車を検索
グランドチェロキーLの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

934.01189.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

509.51198.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村