サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 川崎重工、最終赤字193億円---コロナ禍で航空機エンジン事業が不振 2021年3月期決算

ここから本文です
川崎重工業は5月11日、2021年3月期(2020年4月~2021年3月)の連結決算を発表。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響が大きく、大幅な減収・減益、193億円の最終赤字となった。

売上高は前期比9.3%減の1兆4884億円。精密機械・ロボット事業などが増収となる一方、航空宇宙システム事業などが減収となった。営業損益はモーターサイクル&エンジン事業の改善はあったものの、航空宇宙システム事業での悪化などにより、53億円の営業赤字(前期は620億円の黒字)となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ