サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGPコラム】開発競争という名の“バス”に乗り遅れるな! ドゥカティ発想の取り入れ進めるスズキとヤマハ

ここから本文です
 2019年シーズンは、開幕戦のカタールGPでドゥカティがスイングアーム下部に「タイヤ冷却用」のアタッチメント(通称スプーン)を装備したことが議論を呼び、他メーカーがこれに対して抗議を行う騒ぎへと発展した。だが、最終的にはこれら抗議を行った他メーカーも同様のアタッチメントを自分たちのマシンに装備してドゥカティのアイデアに追随する格好になった。

 フロントフェアリングのエアロパーツといい、スイングアームアタッチメントといい、ドゥカティが先鞭をつけた狡智でユニークなアイデアは、賛否両論の議論を生みがちな反面、技術的な仕様という面ではひとつの潮流を作り出しているのも事実だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ