サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ニュルブルクリンク24時間:ファルケン・モータースポーツがポルシェの2台体制にスイッチ

ここから本文です

ニュルブルクリンク24時間:ファルケン・モータースポーツがポルシェの2台体制にスイッチ

ニュルブルクリンク24時間:ファルケン・モータースポーツがポルシェの2台体制にスイッチ

 ADAC・トタル24時間(ニュルブルクリンク24時間)やニュルブルクリンク耐久シリーズ(VLN)に参戦していたファルケン・モータースポーツが、2020年からポルシェ911 GT3 Rの2台体制にスイッチすると発表した。

 1999年にニッサン・スカイラインGT-Rでの挑戦からスタートしたファルケンのニュルブルクリンクへの挑戦は、ヨーロッパにおけるファルケンのブランドイメージ向上に貢献。スポーツタイヤとしてのブランドを確立している。その後はドイツのシュナーブル・エンジニアリングがファルケンの活動を担い、ポルシェにスイッチ。ここ3年はBMW M6 GT3も使用する2台体制を敷いていた。

スバル、2020年のモータースポーツ活動計画発表。スーパーGTはBRZ×井口&山内が継続参戦

 そんなファルケンのBMW M6 GT3は、初のVLN総合優勝を果たしたほか、2019年のVLNではシーズン総合5位をもたらすなど、ファルケンにとって歴史的瞬間を飾ったマシンだったが、2020年からファルケンはポルシェの2台体制を敷くことになった。

 ファルケンタイヤ・ヨーロッパGmbHのモータースポーツプログラム代表を務めるステファニー・オルベルツは、「ポルシェの2台体制に変更することで、より効果的なタイヤ評価プログラムを実行できるようになる。さまざまなセットアップを試すことができるとともに、2台を同じ車種にすることによりロジスティックやスペアパーツの面でコスト削減の面においてのメリットを考慮してのスイッチだった」とその理由を語った。

「また、ファルケンにノルドシュライフェでの初勝利をもたらしてくれたBMWのサポートに感謝したい」

 ファルケン・モータースポーツは、2月にポルティマオで2台のポルシェのシェイクダウンを行う予定で、今後2020年の新ドライバーラインアップについては、VLNの公式テストが行われる3月14日に発表される予定だという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します