サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 元祖のイメージ薄くない!? イギリス車からドイツ車に大転身! それでもMINIが大人気のナゼ

ここから本文です

元祖のイメージ薄くない!? イギリス車からドイツ車に大転身! それでもMINIが大人気のナゼ

 英国生まれのMINIは、長い間、日本で愛され続けてきた輸入車のひとつであり、その知名度は、カブトムシの愛称で親しまれたVWタイプ1にも匹敵する。まさに自動車界のトップアイドルだ。

 MINIが日本で愛され続けている理由を探っていく。

これが最後のRRか!? ルノー トゥインゴは個性が光るフレンチコンパクトだ!!

文/大音安弘、写真/BMW

【画像ギャラリー】その存在感はリアルモルカー!? マイナーチェンジが発表されたBMW ミニを見る

■半世紀以上続くMINIの歴史をざっくりおさらい

BMW MINI クーパーS。日本初登場当時(英国時代)、車名を『ミニ・クーパー』と間違えられるほどの人気を誇ったクーパーモデルは新型のBMW MINIにも受け継がれている

 そのMINIの歴史は、クラシックMINIとニューMINIの大きく二つに分けられる。

 まず原点となるクラシックMINIの歴史を少し振り返ろう。同車は、天才エンジニア、アレック・イシゴニスが手掛けた小型実用車で、1959年に発売以来、改良を加えながら、2000年までの41年間もフルモデルチェンジすることなく生産された。驚くべきロングセラーのひとつである。

 当時、スエズ動乱を発端としたオイルショックに苦しむ、英国大衆が入手可能な乗用車として開発が進められ、送り出された。その優れた基本性能と愛らしいスタイルは、幅広い層に受け入れられ、富裕層の街乗りクルマとしても人気に。

 さらにジョン・クーパーによるモータースポーツでの活躍も、その名声を高める大きなきっかけとなった。また小型車との親和性の高い日本でも、MINIは長年、多くの人たちに愛されてきた。

 特にスポーティなクーパーの人気が高かったため、ミニではなく、ミニ・クーパーが車名と誤解する人も多かったほどだ。

 やや余談となるが、1979年からホンダとの提携が行われ、良好な関係を築いていた英国ローバー・グループは、実のところ、ホンダ傘下に収まる可能性もあった。

 しかし、1994年に突如、BMWに買収されることに。これがMINIの運命を大きく変えることに。BMW傘下に収まって以降もクラシックMINIの生産は継続されたが、新体制下で新生MINIの開発もスタート。

 当初は、ローバー主体のプロジェクトであったが、経営状態の悪化から、プロジェクトはBMW主導のものへと切り替えられた。そして2001年に発表されたのが、現行世代へと繋がるBMW製MINI、通称ニューMINIであった。

■イギリスのMINIからドイツのニューMINIへ

BMW MINI クーパーS リア。リアのブレーキランプ部にルーツである英国を感じさせる意匠を施している。昔からのミニファンも納得させる気遣いだ

 ニューMINIは、日本では、2002年3月2日、ミニの日に発売以来、好調なセールスを記録。発売初年からJAIAが公表する外国メーカー車モデル別新車登録台数において、トップ5内にランクイン。

 その後も、現在まで5位以内に留まり続けるだけでなく、2016年から5年連続モデル別ランキング1位を記録。さらに2020年夏には、ニューMINIシリーズ全体の日本累計販売台数が30万台を突破したことも公表された。それでは年別のニューMINIの国内登録台数の推移を見ていこう。

表1:BMW MINIの日本年間登録台数(JAIA調べ)

 導入初年の1万台突破は、3ドアハッチバックのみで達成されたものであり、当時の注目度の高さがうかがえる。

 そこから成長を遂げた現在は、コロナ過で厳しい販売に置かれた2020年でも初年の2倍。ピークとなった2018年では、約2.6倍まで拡大している。

 これは、クラシックMINIとは全く異なるニューMINIが、日本でしっかりと支持されてきたことを物語るものだ。なぜ大型化したにも関わらず、MINIの国内販売は成長を続けられたのだろうか。

 その流れを加速させた秘策は、モデルバリエーションの拡大だ。その中でも革新的だったのが、2011年投入のMINIクロスオーバー(初代)だ。

 ニューMINIはサイズアップを図りながらも、3ドアハッチが基本。その後、登場した派生モデルとなる2008年導入のMINIクラブマン(初代)も、オリジナルのデザインを意識し、運転席側のみコンパクトな観音開き式のリヤドアを与えるなど、新しくも伝統も重視したデザインであった。

 しかし、MINIクロスオーバーは、クラシックから見ると大きすぎると言われた3ドアハッチバックを軽く上回るボディの大型化を加え、なんとシリーズ初の3ナンバーに。さらに5ドアスタイルと4WDの設定など異例尽くしのモデルであった。

 当時、筆者も初めてMINIクロスオーバーと対面した際、カエルのようなスタイルとボディの大きさから、「これはMINIじゃない」と素直に感じたほど。まさにMINIにあってMINIにあらず、それがクロスオーバーだった。

■クロスオーバーの存在がファミリー層をキャッチ

家族で乗れないからと諦めていたお父さんたちのハートをわし掴みにしたMINI クロスオーバー。4ドアにゆとりある後席とラゲッジスペースを備え、ファミリー層の人気を得ることに成功した

 しかし、これがニューMINI躍進の第2ステップとなる。

 MINIに関心があるが、実用面から購入を断念していたファミリー層が見事に食いついた。これによりプライベートカーが主体であったMINIが、ファミリーカーへと守備範囲を広げる大きなきっかけとなった。

 それを裏付けるように、BMWブランド同様に、モデルの多角化を図ったMINIファミリーの中でも、プライベート性の高いスペシャルティモデルの「クーペ(2011年日本導入)」と「ロードスター(2012年日本導入)」は、たった一世代で消滅。

 後席を備えたクロスオーバーの3ドアクーペモデル「ペースマン」も、やはり1世代で終わってしまった。

 現在では、その役目は、伝統的な3ドアハッチバックとコンバーチブルに集約されている。2014年日本初内の3世代目ニューMINIでは、そんなクロスオーバー人気を受けて、ハッチバックモデルにも初の5ドアを設定。

 オリジナルに近いスタイルと機能性の向上が、より多くの人に支持されることに。またダックスフンド的な胴長スタイルも、MINIの愛嬌を強調する良きアクセントともなった。この成功が登録台数の2万台突破への大きな足掛かりになったのである。

■いまや『輸入車といえばMINI』といえるまでの存在に

よりスポーティーかつ趣味的な電動開閉ルーフを持つMINI コンバーチブル。ひとつの車種でスポーツからファミリーまでカバーできるのがMINIの大きな強みだ

 ニューMINIの成功には、伝統的なデザインと独自の世界観を受け継ぎつつも、固定概念に捕らわれることなく、時代のニーズを見据え、多様性を受け入れてきた点にある。

 紆余曲折こそあれど、バリエーションの拡大にも成功しており、3世代目の現行型では、ハッチバック、クラブマン、クロスオーバーの住み分けも確立されている。

 またニューMINI第一世代から取り組んできたユーザーの個性を反映させる純正カスタマイズの自由度の高さも、仕様が偏りがちな輸入車の概念を打ち破ることに成功。今や自動車界のアパレルブランドともいえる存在にもなった。

 しかし、それはクラシックMINIが育んだ自由な発想を発展させたともいえるだろう。

 もう一つの成功の証は、BMWの色をMINIに出さず、独自性を保ってきたこと。おそらくMINIにBMWらしさがあれば、これほどの成功を収めることは難しかっただろう。異端的存在と見られたニューMINIも、今やクラシックMINI同様、唯一無二の存在になることができたのである。

 いつの時代もMINIはMINIという強い信念こそが、最大の武器であり、多くの人を魅了し続けるエッセンスなのだ。

【画像ギャラリー】その存在感はリアルモルカー!? マイナーチェンジが発表されたBMW ミニを見る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します