サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 低速モビリティを活用した「移動と健康」---検証を開始

ここから本文です
ヤマハ発動機は10月11日、千葉大学予防医学センター(近藤克則教授)と低速モビリティを活用した「移動と健康の検証」に関する共同研究契約を締結したと発表した。

全国には鉄道や路線バスなどの公共交通がない交通空白地帯が点在。高齢者のクオリティオブライフ(生活の質)の低下やそれに伴う社会保障費の増加などが社会課題となっている。今回の共同研究では、その社会課題へのソリューション提供の一環として、電動カート導入により高齢者の外出、および社会参画を促し、これらの促進による介護予防、健康増進効果の関係を明確化することを目標としている。

おすすめのニュース

サイトトップへ