サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > FCAフィアット・クライスラーの世界販売は43%減の124万台、日本は16%減 2020年上半期

ここから本文です

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は、2020年上半期(1~6月)の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は124万2000台。前年同期比は43.4%減と、引き続き前年実績を下回った。

市場別実績は、米国が81万3854台を販売し、前年同期比は26%減と減少傾向にある。ラムブランドが、前年同期比20%減の26万8170台と後退。主力の大型ピックアップトラックが、18%減の24万6253台と減少に転じた。

ジープブランドは、前年同期比21%減の35万9386台と、引き続き減少した。

おすすめのニュース

サイトトップへ