サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD初日会見:バンピーな路面は改善されず「フロアを打ちつけ、そのたびにクルマが跳ねる状態だった」

ここから本文です
 2021年F1第17戦アメリカGP初日のホンダドライバーは、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)がランド・ノリス(マクラーレン)やメルセデス2台を抑えて総合トップに立った。一方でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はアタックラップで遅いクルマに捕まって8番手、アルファタウリの2台はセッティングが決まらず、ピエール・ガスリー12番手、角田裕毅16番手だった。

 ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは、「ポジティブな面、ネガティブな面の両方があった」と初日の結果を総括。

おすすめのニュース

サイトトップへ