サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サイクリング中の事故で大怪我……からの復活。鬼才ニューウェイがレッドブル&フェルスタッペンの王者争いの鍵?

ここから本文です
 レッドブルのテクニカルチーフであるエイドリアン・ニューウェイは、今年の夏休みにサイクリングをしていた際に事故を起こし、大怪我を負った。これによりニューウェイは入院し、複数回にわたって手術も受けたという。当然グランプリに帯同することもできなかった。しかし先日行なわれたトルコGPで現場復帰すると、チームを悩ませていたセッティング面の問題にすぐ気付き、対処を施すことができたという。

 1980年代後半にレイトンハウス/マーチで、F1デザイナーとしての頭角を現したニューウェイ。その後ウイリアムズ、マクラーレンと渡り歩き、今はレッドブルの技術面を取り仕切る立場に就いている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン