サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【V12は生き残れない】ランボルギーニ社長 電動化と新モデルを語る 新時代の立ち回り

ここから本文です

変革の時代をどう生き抜くのか

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

【画像】響け、12気筒の鼓動よ【アヴェンタドールを写真でじっくり見る】 全88枚

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

約10年に渡り販売されてきたランボルギーニ・アヴェンタドールの引退が発表された。最終モデルとなるウルティマエ・エディションは、1964年の350GTから続くV12エンジン最後の非電動モデルとなる。

2023年に発売されるアヴェンタドールの後継モデルは、引き続き12気筒エンジンを搭載するが、プラグイン・ハイブリッドへの大移行を行う。

おすすめのニュース

サイトトップへ