サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 普通じゃない! バーレーンの超高速レイアウトを使用。F1サクヒールGPに向けドライバーはワクワク?

ここから本文です
 今季のF1は第15戦、第16戦とバーレーン・インターナショナル・サーキットでの2連戦が開催される。第15戦のバーレーンGPは通常レイアウトで行なわれるが、第16戦サクヒールGPでは“アウターサーキット”と呼ばれる高速レイアウトが採用される予定だ。

 コース中盤の曲がりくねったインフィールドセクションをカットした形のアウターサーキットは、ラップタイムが1分を切ることになると予想されている。事前のシミュレーションによると、1974年にディジョンで行なわれたフランスGPで記録された58秒79というF1史上最短ポールタイムを更新する可能性が高いようだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ