現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > [Pro Shop インストール・レビュー]トヨタ クラウン(宍戸俊幸さん)by ZEPT 前編

ここから本文です

[Pro Shop インストール・レビュー]トヨタ クラウン(宍戸俊幸さん)by ZEPT 前編

掲載
[Pro Shop インストール・レビュー]トヨタ クラウン(宍戸俊幸さん)by ZEPT 前編

ベテランオーディオユーザーの宍戸さんは現在の愛車であるトヨタ『クラウン』では解像度を高めるシステムデザインを追求。トランクルームには大型アンプを敷き詰めたデザインを完成させた。北海道のZEPTとの二人三脚で高音質とインストールデザインを両立させた。

◆大型アンプを4台敷き詰めたフロア
圧巻のデザイン性で上質感を極める
トランクルームのフロア全面を使って、カロッツェリアのハイエンド大型パワーアンプであるRS-A09xを4台フラットに並べた宍戸さんのクラウン。まるでパワーアンプそのものがフロアに同化したようなこのスタイル、パワーアンプの存在感をデザインに取り入れた圧巻のトランクインストレーションが見どころとなった。

[Pro Shop インストール・レビュー]トヨタ プリウス(渡邊智さん)by リクロス 後編

フロント3ウェイ+サブウーファーのシステムを4台の2チャンネルパワーアンプでドライブするハイエンドなシステムを組んだこのクルマ、ベテランユーザーらしい音質の追求に加えて上質なインストールにもこだわったことが注目の一台となった。

トランクルーム内のイルミネーションは電球色/ホワイト光のマルチカラーとして落ち着いたイメージを作る。大人ムードのトランクルームがテーマになった取り付けらしくイルミも上品。フロアは完全なフラット構造でプロテクションを施してフラットなフロアを作ることも可能。前方のウォールにはキャパシターなどを埋め込むインストールを施し、右ウォールも使いトランク内の3面に対して手の込んだインストールが施された。

◆音の解像度を高めるためのシステムを追求
ヘビーなシステムデザインで最上級サウンドを作る
デザイン的にもサウンド的にもこのクルマの核となるユニットがカロッツェリアのハイエンドパワーアンプであるRS-A09x。大型の2チャンネルアンプであり、その高音質ぶりはすでに定評があるモデル。取り付けにはフロア全面を使って4台を美しくレイアウトしているのが特徴だ。オーナーが狙ったサウンドは“普段使いからオーディオコンペまでをオールマイティにこなす”もの。特に徹底して解像度を高める方向性で好みのサウンドを作り上げた。

システムデザインを見ると電源系にも気を配っているのがわかる。キャパシターをシステムに組み込みパワーアンプの能力をフルに発揮するシステムとしたのもベテランオーナらしい作り込みと言えるだろう。前面ウォールやサイドウォールをつかった電源強化パーツを見せるデザイン処理も見どころだ。

前方のウォールはフロアとは打って変わってホワイトカラーの人工スエード+アクリルを使った処理。ZEPTのショップロゴが浮かび上がるデザインと両サイドにキャパシターをビルトインした機能面も兼ね備えたデザインが込められている。

◆ホワイトの人口スエードを効果的に用いて
グレーベースのトランクにアイキャッチを注入
各部のデザイン処理もトランクルームの見どころとなっている。ユニットの取り付け面にはホワイトの人工スエードを使って縁取りを施すデザイン。ベースとなるフロアパネルはグレーのパンチカーペットを使って純正イメージで仕上げているのとは対照的に、ユニットを華やかに彩ることができる処理と言えるだろう。

右サイドウォールにはややスラントさせたボードを設置して電源強化パーツを組み込んでいる。大きくウォール面を膨らませない処理でトランクルームの開放感はスポイルしない。前方のボードの奥には車室内に向けて設置されているサブウーファーのエンクロージャーが設置され、ムダの無いレイアウトとしている。

整然とレイアウトされたユニット群とシンプルだが手の込んだデザイン処理で上質感を醸し出したトランクルーム。そのデザインからもハイクオリティなサウンドが感じ取れる仕上がりとなった。次回の後編ではオーナーがこだわった情報量アップの決め手になったフロントスピーカー周辺について紹介して行くこととしよう。

土田康弘|ライター
デジタル音声に関わるエンジニアを経験した後に出版社の編集者に転職。バイク雑誌や4WD雑誌の編集部で勤務。独立後はカーオーディオ、クルマ、腕時計、モノ系、インテリア、アウトドア関連などのライティングを手がけ、カーオーディオ雑誌の編集長も請負。現在もカーオーディオをはじめとしたライティング中心に活動中。

こんな記事も読まれています

[car audio newcomer]三菱 デリカD:5(神崎崇さん)by サウンドエボリューション ログオン 前編
[car audio newcomer]三菱 デリカD:5(神崎崇さん)by サウンドエボリューション ログオン 前編
レスポンス
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
レスポンス
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
レスポンス
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]「2ウェイ+サブをアクティブ制御」することで純正スピーカーのままでも音が激変!
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]「2ウェイ+サブをアクティブ制御」することで純正スピーカーのままでも音が激変!
レスポンス
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら、欲しいサウンドを奏でられる「サブウーファーボックス」を作れる!
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら、欲しいサウンドを奏でられる「サブウーファーボックス」を作れる!
レスポンス
<新連載>[低予算サウンドアップ術]“超基本機能”をちょっと触って、聴こえ方を変える!
<新連載>[低予算サウンドアップ術]“超基本機能”をちょっと触って、聴こえ方を変える!
レスポンス
[カーオーディオ 逸品探究]アルパインの自信作、「Xプレミアムサウンドスピーカー」の実力は…
[カーオーディオ 逸品探究]アルパインの自信作、「Xプレミアムサウンドスピーカー」の実力は…
レスポンス
[音響機材・チョイスの勘どころ]サブウーファーで音質にこだわるなら「単体サブウーファー」!?
[音響機材・チョイスの勘どころ]サブウーファーで音質にこだわるなら「単体サブウーファー」!?
レスポンス
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
レスポンス
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レスポンス
[カーオーディオ・素朴な疑問]スピーカーのカタログスペックは気にするべき?
[カーオーディオ・素朴な疑問]スピーカーのカタログスペックは気にするべき?
レスポンス
トヨタ「ハイエース」を完全DIYカスタム! 3型にこだわるオーナーの見た目と実用性にもこだわった作り込みとは
トヨタ「ハイエース」を完全DIYカスタム! 3型にこだわるオーナーの見た目と実用性にもこだわった作り込みとは
Auto Messe Web
80年代GPマシンを現代に、ヤマハ『XSR900 GP』が143万円で5月20日に発売決定!
80年代GPマシンを現代に、ヤマハ『XSR900 GP』が143万円で5月20日に発売決定!
レスポンス
花粉や黄砂を撃退! 車内環境をアップグレードするエアコンフィルターの魅力~Weeklyメンテナンス~
花粉や黄砂を撃退! 車内環境をアップグレードするエアコンフィルターの魅力~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
60系プリウスが適合追加、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
60系プリウスが適合追加、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
レスポンス
軽量・低背圧・静粛性を高次元で融合、HKSからGRヤリス用「スーパーターボマフラー」が新登場
軽量・低背圧・静粛性を高次元で融合、HKSからGRヤリス用「スーパーターボマフラー」が新登場
レスポンス
簡単に“収納力”を増強できる便利アイテムが新登場!【特選カーアクセサリー名鑑】
簡単に“収納力”を増強できる便利アイテムが新登場!【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3875.0万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3875.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村