サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > WRX STIを“オトナ”にイジると……。スバ女ライター「にゃんちゅうー」がスバルネタをチェック!【東京オートサロン2020】

ここから本文です

WRX STIを“オトナ”にイジると……。スバ女ライター「にゃんちゅうー」がスバルネタをチェック!【東京オートサロン2020】

走りに磨きを掛ける
名門Kansai流のWRX STIのイジり方

Kansai SERVICE/関西サービス

未来のカスタムを本気で考えると……きっとこう! TRDとモデリスタがコラボした先進的デザイン【東京オートサロン2020】


東京オートサロンKansaiサービスブースに、Kansai流にカスタマイズされたWRX STI D型が展示されていた。

車両コンセプトは、ブレーキ強化・フル電子制御のDCCDなどの改良されたD型の走りに、HKS GTIII-RSスポーツタービンをはじめとする厳選パーツを装着して、走りにさらに磨きをかけることだそう。

エンジン系は、HKSのGTIII-RS スポーツタービンキット、吸排気系はHKSのメタルキャタライザーと4本出しチタンテールのスーパーターボーマフラー、レーシングサクシャンリローデッドを導入。

レーシングサクションの装着に伴い、Kansaiのカーボンエアダクトを使用することで、エンジンルームの熱気を遮断し、吸入の効率をアップ!出力向上とレスポンスのアップを実現している。

カーボンがエンジンルームのドレスアップにも一役買っているのも大切なポイントだ!

パワーは純正308馬力から375馬力にアップ。

ボディ補強は、Kansaiの前後タワーバーやロアアームバーなどを採用している。

サスペンションに関しては、サーキット向けに少し硬めのセッティングだそうだが、4ドアのセダンはファミリーカーとして使うオーナーも多いことから、街中でも心地よく乗れるように仕上げているそうだ。

外装は、STI純正エアロとダクト部のカーボンを生かし、全体をボディ同色に塗り分けたVARISのカーボンボンネット、VOLTEXのGTウィング等で仕上げ、カーボンをアクセントとした主張しすぎないが要点を押さえたオトナのカスタムであった。

スバルスタイルVOL.5絶賛発売中!!

自動車ライターとしての執筆活動はもちろんのこと、アイドルワークもこなして大忙しのにゃんちゅうーこと今泉 史も登場するスバルスタイルVOL.5が絶賛発売中!




お求めは全国の書店、またはWEBで。




[スバルスタイル編集部 今泉 史]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します