サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマのSOSサイン! 13の「異音」と疑うべきトラブルとは

ここから本文です

 クルマの声に耳を傾けてみよう

 クルマからの異音はトラブルのサイン。異音の発生場所と音の種類で、故障箇所の推測が可能なので、放置しなければ早期発見の手がかりになる。

【今さら聞けない】ブレーキを踏んだときの「キィー」という音の正体は?

 そこで、異音とトラブル箇所との関連性をまとめてみた。

 エンジンルームからの異音

 1)バスンバスン

 アイドリング時や走行中に、バスンバスンという排気干渉を起こしているような、きれいに爆ぜていない音が聞こえたら、点火系のトラブルで、一気筒死んでいる可能性がある。点火コイルかプラグ、配線などの劣化が考えられるので、整備工場で点検を。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン