サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニューモデル写真蔵】フォルクスワーゲンの新たなスタイリッシュSUV「Tロック」が日本デビュー!

ここから本文です

【ニューモデル写真蔵】フォルクスワーゲンの新たなスタイリッシュSUV「Tロック」が日本デビュー!

【ニューモデル写真蔵】フォルクスワーゲンの新たなスタイリッシュSUV「Tロック」が日本デビュー!

2020年7月15日、フォルクスワーゲングループジャパンは新型SUVの「Tロック」を発売した。そのディテールを写真で紹介しよう。

日本仕様は当面のところディーゼル+FFのみで展開
Tロックは、フォルクスワーゲンのSUVラインアップでは、ティグアンとTクロスの中間に位置するコンパクトSUVだ。リアウインドーを少し寝かせたクーペ風のシルエットで、比較的コンサバティブなSUVスタイルのティグアンとTクロスに比べると、スタイリッシュなデザインが特徴だ。

【くるま問答】最近のクルマにテンパータイヤはない。パンク修理キットをどう使う? 最高速は?

フォルクスワーゲンの生産モジュール「MQB」をプラットフォームに採用し、全長4240×全幅1825×全高1590mmというサイズは、現行のゴルフVIIの車高を高めたくらいで、日本の街中で扱うには手ごろな大きさといえる。フォルクスワーゲンのSUVとしては初めて2トーンのボディカラーも設定している。

コンパクトな外観だがホイールベースは2590mmと長く、前後席ともキャビンスペースは十分な広さがある。ラゲッジスペースはフル乗車時でもクラストップレベルの445L、リアシートバックを全倒すれば最大1290Lもの広大な空間が生まれるほど実用性は高い。ボディ同色のパネルなどを採用したインテリアも、なかなかスタイリッシュだ。

日本仕様のパワートレーンは、最高出力150psと最大トルク340Nmを発生する2.0Lの直4 ターボディーゼルのみ。7速DSG(DCT)を組み合わせ、前輪のみを駆動する。本国仕様にはガソリンエンジンや4WDも設定されているから、将来的には日本に導入されるかもしれない。

アダプティブ クルーズコントロールやプリクラッシュブレーキシステム、カーナビやオーディオ機能も備えたインフォテインメントシステムなどの安全&快適装備も標準で充実しており、日本や海外のライバルがひしめくコンパクトSUV市場では、注目される存在になりそうだ。

Tロック TDI スタイル デザインパッケージ 主要諸元
●全長×全幅×全高:4240×1825×1590mm
●ホイールベース:2590mm
●重量:1430kg
●エンジン種類:直4 DOHC ディーゼルターボ
●排気量:1968cc
●最高出力:110kW<150ps>/3500-4000rpm
●最大トルク:340Nm<34.7kgm>/1750-3000rpm
●トランスミッション:7速DCT
●タイヤサイズ:215/55R17
●税込車両価格:405万9000円

[ アルバム : フォルクスワーゲン Tロック はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します