サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ・スズキ・ダイハツが軽商用車で協業、日野・いすゞとの商用車連合に合流 電動化やコネクテッド推進で物流課題解決

ここから本文です
トヨタ自動車を主軸とした商用車のアライアンス(企業連合)にスズキとダイハツ工業が軽商用車で合流した。3社が7月21日、オンライン会見を開いて発表した。アライアンスが狙う物流課題の解決に加え、軽のCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応にも弾みがつきそうだ。

トヨタが日野自動車、いすゞ自動車と4月に設立した技術企画会社「コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ(CJPT)」にスズキとダイハツの2社が出資する。出資比率はトヨタが6割、残りの4社が1割ずつとなる。社長はトヨタ出身の中嶋裕樹氏が引き続き務める。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン