サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > この現代に新車を「木」で作る衝撃! 理由をモーガン社に直撃した

ここから本文です

この現代に新車を「木」で作る衝撃! 理由をモーガン社に直撃した

ボディの一部に木材を使い続けているモーガン

 クルマを構成する素材といえば、やはりスチール(鉄)がメイン。そしてホイール、バンパー、内装などの部位に合わせてアルミ、樹脂、布や革などの素材を使い分けている。木材は、クルマが生まれて間もなかった時代に、車体に使われていたことがあるが、現在では高級車の内装装飾に見られる程度だ。そんな中、イギリスのモーガンでは、今でもボディの一部が木材で作られている。

【世界の長寿車ベスト6】80年以上もモデルチェンジしていないクルマがあった

モーガンの主力車「4/4」は、基本的に1936年から不変

 モーガンは1909年に創立された歴史あるメーカーで、創業時から現在に至るまで、一貫してハンドメイドによるスポーツカーを製造している。当初はフロント2輪+リア1輪でのスリーホイーラーの販売が主だった。スリーホイーラーのエンジンはバイク用で、フロントラジエターの前方に置かれて前輪を駆動していた。現在でも復刻版が製造されている。

 同社初の4輪車「モーガン4/4」が登場したのは1936年。4/4は「4気筒の4輪車」を意味するが、その名の通り、エンジンは英国フォード製の4気筒が選ばれていた。驚くべきことに、この4/4は発売開始以来84年経った今でもモーガンのラインアップの中核をなす。

 1955年には独立していたヘッドライトをボディと一体化したこと、搭載するパワートレーンが時代に合わせてアップデートされてきたほかは、基本的には登場時そのままで作られている。

モーガン各車は「手作り」で製造される

 かつて、クルマのボディは、スチール製のハシゴ型フレーム上に木材を組み、外側に金属製のパネルを貼る構造が一般的だった。モーガン4/4も「基本的には登場時そのまま」のため、この作り方を守り続けており、スチール製シャーシ上に載るボディの一部は、アッシュ(セイヨウトネリコ)から作られた木骨をボディの構造材として、外皮にアルミパネルを貼り付けて造形。

 シートや内装も、本革を手縫いして形作られている。そのため製造は、職人が1台1台丁寧に組み立てているのだ。もはやクルマの域を超えた、工芸品とも呼べる存在である。

 なお、モーガンでは4/4以外にも、フォード製2リッターエンジンを搭載する「プラス4」、BMW製3リッター直6ターボ+8速ATを載せる最新モデル「プラス6」など様々な車種を展開している。プラス4、プラス6ではアルミ製のバスタブ状シャーシを使用しているが、製造方法は4/4と同じである。

モーガンがボディ構造に木材を使い続ける理由

 では、モーガンはなぜいまでも木材をボディに用いているのだろうか。その理由を、エスシーアイ/モーガンカーズ・ジャパンのジャスティン・ガーディナーさんにお伺いした。

「アッシュウッド(木材)によるボディは、モーガンのDNAの一部と言えるもので、モーガン独自の個性でもあります。現在のモーガンでもアッシュフレームは引き続きボディワークに用いられ、クラシックな形状を維持するために使われています。アッシュウッドは軽量で、かつ強力です。いうならば、19世紀のカーボンファイバーと言えるものです。重いスチールを使う必要はありません」

 モーガンのHPでも、同社がアッシュウッドを使うのは単なるノスタルジーではなく、軽くて丈夫、そして環境的利益が多く、軟らかい素材のために効果的に振動を吸収する、と記載されている。木製ボディのクルマ! と驚いてしまいがちだが、用い続けているのには理由があるのだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します