サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 国交省、検査標章の表示場所を運転席右側へ 車検有効期間を確認しやすく 2023年1月施行

ここから本文です
 国土交通省は、自動車に表示する検査標章の位置を、前面ガラスに向かって運転席の右側(左ハンドルは左側)に変更する。自動車検査(車検)の受け忘れによる車検切れの状態での公道走行を防止するため、ドライバーが車検の有効期間を確認しやすい位置に変更する。2023年1月に施行する予定。

 車検証の有効期間が満了する時期を示す検査標章は、道路運送車両法などで自動車の前面ガラスに表示することが義務付けられており、一般的な乗用車の場合、具体的な表示位置として前方から見やすいように、前面ガラスのバックミラーの前とされている。

おすすめのニュース

サイトトップへ