サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 全国各地から340台のオーテック車が集結! 「AOG湘南里帰りミーティング2019」を開催

ここから本文です

全国各地から340台のオーテック車が集結! 「AOG湘南里帰りミーティング2019」を開催

 年に1回の恒例行事! 車種の垣根を超えてつながる大規模オフ会

 オーテックジャパンは11月16日、神奈川県・大磯ロングビーチ駐車場で「AOG(オーテックオーナーズグループ)湘南里帰りミーティング2019」を開催した。今年で15回目となるこのイベントは見るだけでなく、愛車を持ち寄ったオーナーが主役になれる場として、オーテックが手掛けたクルマを愛するオーナーの間では恒例行事となっている。

じつは日本車ってスゴイんです! 今でも語り継がれる国産スーパーカー5選

 オーテックジャパンは日産車をベースにしたファクトリーカスタムカーや福祉車両、商用特装車を手がけている。このイベントはオーテックジャパンの本拠地である神奈川県・茅ヶ崎市(湘南)から全国のオーナーの元に届けられた車両が、再び誕生の地である湘南に集まることから「里帰りミーティング」と名付けられた。毎年多くの応募があるなか、抽選で選ばれた340台・575人が集結。新旧のオーテック車が一堂に会する貴重な場を取材した。

 まず驚いたのは参加者であるはずのオーナーが進行役を務めていたことだ。「壇上に上がっているみなさんはこのイベントでの司会に慣れており、われわれスタッフが案内するよりも参加者が注意事項に耳を傾けてくれる」(オーテック社員談)とのこと。確かに和気あいあいとしたアットホームな雰囲気でイベントが進行していった。

 恒例となっている、もっとも遠くから会場に駆けつけた遠来賞(北東、西南の2部門)と過走大将(愛車でより多く走っている、走行距離が一番多い人が対象)の2賞を表彰する。遠来賞は毎年同じ人が受賞してしまうことを考慮し、3回以上の受賞は殿堂入りとして扱われる。

 今年の遠来賞はどちらも2回目の参加者が選ばれた。北東方面は山形県から「セレナ e-POWERオーテック」で参加した姫あやさん、西南方面は福岡県から下道で4日かけて「シルビア ヴァリエッタ」とやってきたミッティさんが選ばれた。

 今回過走大将に選ばれたのは、埼玉県から10回目の参加となる「シルビア オーテックバージョン(S15)」に乗っているなまさん。新車で購入し、走行距離は34万8000kmという圧倒的な数字に会場からは驚きの声があがった。

 今回ゲストとしてセレナオーテックに乗って登場したのは、SUPER GT GT300クラスで56号車リアライズ日産自動車大学校GT-Rをドライブした平峰一貴選手と、SUPER GT GT500クラスのモチュール・オーテックGT-Rでレースクイーンを務めた河辺ほのかさん。ふたりを交えたトークショーを行ったほか、参加車両やブースを見学し、記念撮影やサインに応じるなどオーナーとの交流を楽しんでいた。

 トークショーでは今シーズンのSUPER GTでのレースの振り返りなど、この場でしか聞けない話が盛りだくさん。運転のコツについて聞かれた平峰選手は「余裕を持って視野を広げて運転することが大切」と回答。普段SUPER GTレースでもパワーの異なるGT500クラスを避けながら、GT300クラス同士で熾烈なバトルをこなす平峰選手からの説得力のあるアドバイスに、参加したオーナーたちは聞き入っていた。

 ユーザーから社員が直接意見を聞ける貴重な交流の場

 AOG湘南里帰りミーティングには、オーテック社員が多く参加している。オリジナルの記念メダルと革製キーホルダーの製作体験では社員がアシストしながら一緒に作ったり、エンジンの展示、オーテックとNISMO用品のチャリティ抽選会、ハーバリウムやキャンドルクラフト体験といった親子で楽しめるコンテンツを用意していた。また、オーテック各車とNISMOロードカー、ライフケアビークル、R33 4ドアGT-Rのパトカー展示など、オーナー車以外のクルマや、協賛企業も集結。

 とくに人気コンテンツのひとつ、抽選で当選した人のみが体験できる元GT-Rのテストドライバーなどの社員による最新モデルや記念モデルの同乗試乗では「走り初めからオーテックモデルの圧倒的なパワーに驚いた」と興奮がおさまらない参加者の声も多く聞かれた。用意されたのはオーテックA10やオーテックA25、マーチボレロR、マーチボレロA30、ノートオーテック、リーフオーテック、セレナオーテックと希少モデルから新型車まで幅広く取り揃えられていた。

 今回新たに、新車で購入してオリジナルに近い状態で長年大切に乗っている車両のエリア「ヘリテージ特別展示」のコーナーを設けたこともトピックスだ。1988年発売のシルビア コンバーチブル、1995年発売のテラノ アストロード、1998年に発売した4ドアのスカイラインGT-R 40thアニバーサリー、同じく1998年発売のエルグランド ライダーの4台が登場。車両を眺めながら、当時の思いに浸るなど参加者の注目を集めていた。

 ほかにも駐車場に車種ごとに並んだクルマは個性的でそれぞれのこだわりが光っていた。そのなかでもとくに編集部が注目したクルマ3台を紹介しよう。

 まずはAkiさんのスカイラインGT-R 40thアニバーサリー オーテックバージョン。GT-Rとともに育った息子さんと友人の3人で初めて参加した。「40周年記念車を探していたときに状態の良い今の愛車を見つけ、名古屋まで買いに行った」という。今でもR33のカタログや当時の雑誌を大切に保管しており、息子さんも順調にクルマ好きに育っている様子だ。

 クルマはほとんどオリジナルだが、サスペンションやフロント部にマジョーラカラーのパーツを付けるなどこだわりのポイントも。「レアなクルマや愛車と同じモデルを一度に見ることができて楽しい」と里帰りミーティングを満喫していた。

 続いては八王子大明神さんのノートe-POWERシーギア リミテッド ツーリングパッケージだ。今年4月に購入し、今回ご夫婦で初めて参加したという。元々はミニバンを所有していたが、ペーパードライバーだった奥さまが「クルマに乗りたい!」と一念発起し、コンパクトカーを探すことに。

 ディーラーに通ううちにたまたま納車を待っていた別オーナーのシーギアにひと目惚れし、選んだそう。安全装備や高速でも安定して走れるツーリングパッケージも追加し、かなり高額になってしまったそうだが、満足している様子。先週もキャンプに行ってきたというおふたりには、シーギアのアクティブなイメージがぴったりだ。

 最後に紹介するのは、みゆテックさんのセレナe-POWER オーテック。このイベントには5~6回は来ているという常連のご家族だ。

 マーチNISMOから乗り換えたという奥さまがメインで使用しており、ほかにも旦那さんのステージアなど4台を所有しているという大のクルマ好き家族。元々はミニバン否定派だったというが、乗り心地の良さやe-POWERの静粛性が良かったことから購入を検討。過去に参加した里帰りミーティングで展示されていた「湘南の海と空をイメージした」オーテックブルーにひと目惚れし、セレナのオーテックブルー登場を待って今年購入した。お子さんを連れて行っても楽しいイベントであることや、クルマ好きのステージアオーナー同士の交流もできることから、里帰りミーティングに何度も参加しているという。

 こうしたユーザーに感謝の気持ちを込めて開催しているAOG湘南里帰りミーティング。片桐隆夫オーテックCEOにお話を伺うと、「これまでのオーテックバージョンモデルと新しいオーテックブランド、NISMOブランドを分け隔てなく同じ当社のブランドとして大切にしたいという思いがある。車種の垣根があっても、当社のクルマだからこそ新旧のオーナーが一堂に集まり、オーナー同士の交流はもとより、スタッフがオーナーに直接意見を聞くことができる貴重な場。こうした交流によって新しいクルマづくりのヒントにつながるなど、開発現場の刺激にもなっている」という。

「今後もオーナーの皆様に楽しんでもらえるよう、工夫をこらしながらイベントを続けていきたい」と継続開催に意欲を見せていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します