サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2020年で契約満了のハミルトン、フェラーリ会長と接触の噂。メルセデス代表は「全く問題ない」と寛容

ここから本文です

 イタリアのスポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」によると、メルセデスのルイス・ハミルトンは、フェラーリ、そしてフィアット・クライスラーの会長であるジョン・エルカーンと今シーズン2度も会談したようだ。

 ハミルトンは2020年いっぱいでメルセデスとの契約が満了となり、2021年以降の契約は未だ結んでいない。ただ、これはグリッド上の多くのドライバーが同じ状況であり、ハミルトンはメルセデス以外の選択肢を検討していないと考えられてきた。

■フェラーリ代表、2021年のハミルトン獲得を否定せずも「今のドライバーに満足」

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、ハミルトンがフェラーリと接触したという報道について、アブダビGPで次のように語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン