サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 壁の外に放置プレイ!? この、どう見てもお役御免なオービスは、実在する!

ここから本文です

壁の外に放置プレイ!? この、どう見てもお役御免なオービスは、実在する!

 移動オービスの台頭におされ、今や、続々と撤去されている固定式オービス。が、すでに耐用年数をはるかに超えているにも関わらず、旧型オービスがあちこちで放置されているというのも事実。このどう考えても稼働できる状態にはないと思われる首都高7号線のループコイル式オービスも、その一例だ。果たして生きているのか、それともドライバーにスピード抑制を促すためにあえて残されているのか、ドライバーにとってはまさに、悩ましい問題です!

いずれは移動オービスの名所になる?

2020年、増殖する移動オービスが、高速道路でも大繁殖!? 全15カ所、特に危ない鬼門ポイントを大公開!

 首都高7号小松川線を千葉方面へ向かう途中、錦糸町ランプ先の非常駐車帯で猛威をふるっていたループコイル式オービス。ほとんどのドライバーが手前で減速する、定番の危険ポイントでもあった。

 が、いつの頃か、防音壁が設置され、今や壁の外からひっそりと違反車を狙っている……かのように見えるが、実は見えているのはストロボ部分だけという哀れな姿に。肝心なカメラは半透明なアクリル板の陰に隠れ、これじゃ鮮明な写真など撮れっこない。一応、事前の警告版が出ているので「ダミー」と断言することはできないが、稼働している可能性はほぼゼロに等しいと言っていいだろう。

 ま、ほっといてもちゃんと交通取り締まり本来の役目(危険な事故や違反を未然に防ぐ)を果たしてくれるし、撤去費用も節約できるから、この放置プレイ状態は当分続くはず。下手に撤去されると、油断したドライバーをターゲットにする移動オービスが出現するかもしれないだけに、このままの方がいいのかもしれません!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します