サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > NSK:世界初、自動車向け駆動軸用「非接触式トルクセンサ」を開発

ここから本文です

日本精工は、自動車の駆動軸のトルクをリアルタイムで測定する世界初のトルクセンサを開発した。

 このトルクセンサは、駆動軸のねじれを磁気で計測し、トルクを検出する。従来困難とされていた量産車への搭載を可能にするため、センサをシンプルな構造にし、小型化した。NSKは、本製品によって自動車の環境性能、快適性、安全性の向上に貢献し、本製品の売上として2030年に60億円を目指す。

F1直結!ターボラグ解消 次世代AMGに採用する「エレクトリック・エキゾースト・ガス・ターボチャージャー(EEGT)」とは?

開発の背景

 自動車では、自動運転や電動化など「CASE」と呼ばれる100年に1度の技術革新が進展している。

おすすめのニュース

サイトトップへ