サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランクルも真っ青!? そのままバハ1000に出場できそうな「プレランナー」RAV4の豪腕スタイルとは【東京オートサロン2022】

ここから本文です

ランクルも真っ青!? そのままバハ1000に出場できそうな「プレランナー」RAV4の豪腕スタイルとは【東京オートサロン2022】

カリフォルニアから上陸した「プレランナー」スタイルが圧巻!

 東京オートサロン2022では、昨今のアウトドアブームからかアウトドア仕様のステーションワゴンやSUVの展示が多く目立ちました。そのなかでも、ハードでラギッドなスタイルでバリバリに仕上げられていたのが、ネクサスジャパンが持ち込んだ2台のRAV4です。

人気のRAV4が「働くクルマ」に大変身! 山岳救助に特化した「プロ仕様」の気になる中身

 このRAV4は、世界初となるスチールバンパーを装着しており、ここが一番の目玉となってます。アイアン製のグリルが備わるショートバンパーに加えて、フロントバンパーガードを装着。カリフォルニアを中心に流行しているプレランナースタイルが取り入れられています。

砂漠を疾走する姿が想起できるタフネスな佇まいが魅力

 プレランナーとは、砂漠で行われるレースのコース下見用車両をモチーフとしたカスタムのこと。オフロード走行でダメージを受ける車体を保護する役割はもちろん、タフな見た目もカッコ良いスタイルに仕立てられています。また、電動ウインチがバンパー内に内蔵され、本格的なオフロードを楽しめる仕様になっています。グリルには、黄/橙/赤の小さなエンブレムがあり、これは海外のSUV乗りの間で人気のグリルバッジというもの。カラー展開も豊富で、青系や黒系もあり、隣に展示されていたアーバンカーキのRAV4には緑/黄/白のグリルバッジが装着されていました。

 パンチング加工のプレートがワイルドさを演出するサイドステップは、今回のオートサロンに合わせて製作したもので、今後改良を加えて販売をしていくとのことです。運転席側と助手席側でセパレートタイプとワンプレートタイプを使い分けているのもオシャレでした。

 また、オーバーフェンダーは両面テープを使って簡単に装着できるタイプを採用してます。出幅が片側9mmの車検対応バージョンと構造変更を必要とする30mmワイドバージョンを用意。ダミーボルトのアクセントもタフな感じでグッドです。

パウダーコート塗装がラギッドさに磨きをかける

 続いてリヤスタイルです。テールランプはスモークレンズ&シーケンシャル仕様を装着し、マフラーはマットブラックの塗装が施され、ブラックで統一されていて引き締まった印象です。ひと昔前のヨンクでは定番アイテムであったスペアタイヤを背面に設置できるヒッチキャリアも付けられ、「ああ、これぞまさしくオフローダー!」と感じさせてくれました。

 最近はSUVでも美しさと高級志向を高めたスタイルアップも目立ちますが、久しぶりにタフガイに出会えて嬉しい限りです。リヤラダーにも重厚感のあるスチールにブラックパウダーコートを施工したクールなアイテムを装着。角張ったデザインで力強さがあります。

 ちなみにアーバンカーキのRAV4に装着された丸パイプタイプのリヤラダーは好評の売れ行き。2.5インチリフトアップキットのシャコアゲスタイルに265/65の極太タイヤを履かせたり、バグガードやボンネットライトブラケットなど、いまにも荒野を走りたくなるような雰囲気が高まるアイテムが盛りだくさんでした。

 このアーバンカーキのRAV4は有名インスタグラマーさんがオーナーということで、その方の友達が製作したオリジナルのサイドステップやカンガルーバー付きのフロントバンパーなどが装着されていました。いずれのRAV4も’80~’90年代のRVブームを回顧させてくれるような、それでいて現代流のカスタムテイストを振りまいたスタイリングが会場のなかでオーラを放ってました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します