サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ホンダの進歩によって、レッドブルF1はパフォーマンスと一貫性の両面でトップに立てる」とオーナー

ここから本文です

 レッドブル社のオーナーであるディートリッヒ・マテシッツは、2020年シーズンのレッドブル・ホンダF1の活躍に大きな期待を抱いていると語った。新シーズンに向けてホンダはパワーユニット(PU/エンジン)の改善を順調に進めており、それがパッケージ全体の戦闘力の向上につながると、マテシッツは自信を示している。

 2019年に向けて提携をスタートしたレッドブルとホンダは、最初のシーズンから好成績をあげ、3勝でF1コンストラクターズ選手権3位という結果を出した。2020年にはタイトル争いをすることが、チーム全体の大きな目標だ。

ホンダ田辺TD、アルファタウリF1との2020年シーズンに意気込み「我々のパワーユニットは今年さらに進化する」

「過去数年よりも今年にかける期待は大きい。

おすすめのニュース

サイトトップへ