サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ヤマハ開発リーダーに訊く(1)|“選択と集中”の開発。目指したのは『コーナ前後100mの強さ』

ここから本文です

 MotoGPに参戦するヤマハは、2019年シーズンに2勝を挙げ、コンストラクターズランキング2位を獲得。苦戦にあえいだ2018年シーズンから獲得ポイントも大きく増加(281→321)するなど、調子は上向きつつある。

 その2019年、ヤマハは改善を果たす足すべく組織の変更に着手していた。鷲見崇宏氏が新たにモトGPグループのグループリーダー(以下GL)に就任し、タイトル獲得から遠ざかっている状況を覆そうと奮闘してきた。

■復帰囁かれるロレンソ、ヤマハの“ホワイトナイト”に? ロッシ「僕らの助けになる」

 2019年末、鷲見GLは2019年シーズンのマシン開発を振り返って取材に応じた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン