サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヴォクシー3ナンバーで継続!!? ダイハツが軽ラインナップ再編?? プラド2023年!!? ほか国内最新動向をぎゅぎゅっと網羅!!!

ここから本文です

ヴォクシー3ナンバーで継続!!? ダイハツが軽ラインナップ再編?? プラド2023年!!? ほか国内最新動向をぎゅぎゅっと網羅!!!

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、廃止が既定路線とされてきたトヨタ ヴォクシーが3ナンバー化で継続か? という話題から。

ついに価格判明!! 新型ランクル300は510万円スタートで8月上旬正式発表

 その他、ダイハツ軽ラインアップを整理? プラドは2023年? ソリオ引き続き絶好調!!! …などなど、国内メーカーの動向をぎゅぎゅっと凝縮してお伝え。

※本稿は2021年6月のものです
文/遠藤 徹 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年7月10日号

【画像ギャラリー】どれが消えどれが生き残る? ダイハツの軽ラインナップをギャラリーでチェック!!!

■トヨタ、ヴォクシーブランドは次期型でも継続するかも

 ノア/ヴォクシーは2022年1月にフルモデルチェンジ予定ですが、3姉妹車構成のうちエスクァイアは廃止するものの、ヴォクシー継続案が最近になりまた浮上しています。

 ヴォクシーを3ナンバー、ノアを5ナンバーサイズ仕様とし、コンセプト分けを明確にするという仕立ての構想です。

 新型はノアに一本化する方向でしたが、最近の販売状況では3ナンバーのエアロタイプに絞ったヴォクシーが依然好調な販売で、新車購入後5年経過でのリセールバリューがノアよりも10万円以上も高いことから、廃止せず世代交代して継続させる方向で検討し直しているようです。

 一方エスクァイアはほとんど売れていない状況であり、年内の早い時期に生産中止するものと思われます。

 現行モデルのノアは3ナンバーのエアロバージョンと5ナンバーの標準タイプの両方を販売していますが、3ナンバーモデルのエアロバージョンのほうが70%程度と販売構成比が高く、次期型で3ナンバーを廃止すると、ますますヴォクシーの売れゆきがよくなる可能性があるので、次期型ノアは両ボディを設定する可能性も残されています。

 次期型は1.8Lハイブリッド、2Lガソリンで、どちらも2WD、4WD車をラインナップします。

トヨタ ヴォクシー。生き残りの「目」が出てきた??

■ダイハツ、軽自動車のラインアップを再編か?

 ダイハツは今後軽自動車の商品ラインナップを再編する方向で検討する模様です。

 乗用車はハイトワゴン、スーパーハイトワゴン、5ドアハッチバック、SUV、オープンエアスポーツなどフルラインナップ態勢で、モデル数は業界で最も多いのですが、販売不振で不採算車種も見られます。

 そのため、不採算車種を中心に車種整理し、効率のいい生産販売態勢の再構築を目指す方針のようです。

 当面の車種整理の対象になっているのはキャスト、ウェイク、コペンなどですが、ムーヴやミラシリーズの派生モデルも対象になっています。

 軽自動車の今後の課題は電動化の推進で、スズキ、日産、三菱がモーターアシスト方式のマイルドハイブリッドを実用化し、主軸に搭載しているのに対してダイハツは軽トップメーカーでありながら、後塵を拝しています。

 対抗策としてまだ他メーカーが実用化していないEV走行可能なストロングハイブリッドの開発を進めていますが、目途がたっていない状況のようです。

 搭載車を可能な限り拡大するには商品ラインナップを再編し、スリム化しておく必要がありそうです。

コペンもなくなる…????

■トヨタ ランドクルーザープラドは2023年に世代交代か!?

 ランドクルーザープラドは従来、ランドクルーザーのフルモデルチェンジ後1年程度のラグで世代交代してきましたが、次期型ではさらに1年程度先送りする方向で開発を進めている模様です。

 現行モデルがディーゼル車を中心に引き続き好調に売れていることから、世代交代を引き延ばす案が有力になっているものと思われます。

 今年4月の登録実績は3065台で前年同月比257.5%と2.5倍強の急増ぶり。このうちの大部分はディーゼル車で占められています。

プラドは2023年に?(写真は現行型・2021年6月1日に発売された70周年特別仕様車)

■スズキ ソリオの販売が絶好調!! 納期が3カ月待ちに

 昨年11月25日にフルモデルチェンジしたコンパクトハイトワゴンのスズキソリオが絶好調で、5月末時点での納期は3カ月強待ちの9月上旬になっています。

 4月の登録実績は4966台で前年同月に比べて105.8%増で2倍以上の伸びとなっています。

 登録車の銘柄別登録ランキングでは初めてトップ10に入り、スズキの登録車としてはスイフトを抑えトップセラーに君臨。ボディサイズを拡大し、使い勝手の向上を図ったことが人気の要因として挙げられます。

CM戦略も功を奏したか?? スズキ ソリオ

■日産の国内新車販売は苦戦状況が続く

 昨年はルークス、キックス、ノートと相次いで戦略ニューモデルを投入、そして今年はノートオーラ、アリア、新型エクストレイルとさらなる攻勢によって、販売促進を図る方針でしたが、予定どおりに進んでいません。

 販売店筋ではキックスとノートはe-POWER車に一本化したことで車両価格が高騰し、廉価のガソリンNA車の購入を希望するユーザーが離れていると指摘しています。

 キックスはタイからの輸入モデルであり、供給がスムーズにいっていないとの事情もあります。

 ノートは6月に上級プレミアムモデルのノートオーラを発表しましたが、発売は9月からであり、同シリーズ全体の伸びに寄与できるのは今秋以降となります。

 エクストレイルのフルモデルチェンジも今秋の予定が年末近くにずれ込む可能性があり、4月に一部改良したリーフも受注は再開しているものの納期は10月以降になっており、販売店の売り上げになっていない状況です。

 このため今年の新車販売実績はホンダ、スズキ、ダイハツの2位グループとの格差がさらに広がり、5位の座が定位置になることが有力です。

2021年6月15日発表となったノートオーラ。起爆剤となれるか

■ホンダ 新型ヴェゼルの納期が最長1年待ちに!

 4月22日に発表、23日に発売開始したホンダの新型ヴェゼルが好調な受注と半導体部品の供給遅れが重なり、納期が大幅に遅れています。

 2トーンカラーの「プレイ」は1年待ち、ハイブリッドの「Z」「X」は半年の11月、ガソリンNAの「G」は3カ月待ち、モノトーンはボディカラーによる納期差はほとんどありません。

 発売1カ月前から先行予約の受付をスタートさせ、発表時まで約1万7000台を受注。それが発売1カ月後で累計3万2000台と月販計画の6倍以上に達しています。

 半導体部品の供給遅れで充分な増産対応ができないことから、当分は納車待ちの状況が続きそうな情勢です。

新型ヴェゼルは旧型と同じサイズ感ながら質感は大幅アップ。コンパクトSUVとしてコストパフォーマンスの高さが魅力

【画像ギャラリー】どれが消えどれが生き残る? ダイハツの軽ラインナップをギャラリーでチェック!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します