サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グリッケンハウス『007 LMH』初テストで開発進む。5月のWEC第2戦でデビューへ?

ここから本文です

 FIA世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラスにLMH規定のマシンで参戦予定のグリッケンハウス。彼らは新車2月末に新車となる『007 LMH』の初テストを実施。さまざまな開発作業を進めることができたようだ。

 2021年シーズンからWECには最高峰クラスとしてハイパーカークラスが誕生。そこにはトヨタとグリッケンハウスがLMH車両で、アルピーヌがLMP1車両でエントリーしている。

■フェラーリ、2023年からWEC&ル・マン24時間参戦へ。自社製ハイパーカーを製造

 グリッケンハウスは2月25日から26日にかけてイタリアのバレルンガ・サーキットで新車007 LMHの初テストを実施した。

おすすめのニュース

サイトトップへ