サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1初優勝サインツJr.、12年前のシルバーストンでの“デジャヴ”。今も活きる「失敗を繰り返さない」姿勢

ここから本文です
 2020年のイギリスGPで最終ラップにタイヤバーストに見舞われながらも3輪でトップチェッカーを受けたルイス・ハミルトン(メルセデス)は、実はその17年前、フォーミュラ・ルノーのレースでサスペンショントラブルを抱えながら事実上の3輪走行で優勝した経験があることは、あまり知られていない。2022年のイギリスGPでF1初優勝を飾ったフェラーリのカルロス・サインツJr.にも、そういった巡り合わせを感じずにはいられないエピソードがある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン