サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ライバルはマクラーレン? レーシングポイントのセルジオ・ペレス「結果は乗り手の力量次第」

ここから本文です
 2020年のF1が開幕すると、レーシングポイントの新車RP20のポテンシャルに注目が集まった。昨年のチャンピオンマシンW10を模したようなマシンはピンク・メルセデスとも揶揄されていたが、その速さは本物。セルジオ・ペレスとランス・ストロールが揃ってQ3に進出してみせた。

 レースではストロールがトラブルによりリタイア、ペレスは一時は3番手を走行しつつ6位に入賞している。残念ながら3位を獲得したマクラーレンに先を越されてしまう結果となったが、彼らが示したポテンシャルは、今季の中団争いにとって台風の目となると考えられるものだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ