サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 質感高すぎ! 日産 新型ノートを撮りおろし写真で徹底解説【外装編】

ここから本文です

質感高すぎ! 日産 新型ノートを撮りおろし写真で徹底解説【外装編】

2020年11月24日、日産のコンパクトカー「ノート」がフルモデルチェンジを実施した! 新型ノートはデザインを一新。プラットフォームやパワートレインも新設計となるなど、全ての面で生まれ変わった。12月23日より正式発売となる3代目ノートを、撮りおろし写真ともにサクッと解説する。まずは外装編から。

日本で最も売れている日産車ノートがフルモデルチェンジ

スカートや和服でも乗り降りラクラク! 新型ノート「助手席回転シート」12月23日発売予定

日産 ノートは、2005年登場の初代以来146万台を売った日産を代表するコンパクトカーだ。特にここ日本では最も売れている日産車であり、日産としても絶対にハズせない1台として相当に力が入っている。

プラットフォームの刷新や第二世代のe-POWER採用など、メカニズムの面でも多くのニュースがある新型ノートだが、まずは内外装のデザインから紹介していこう。

新型ノートは日産の新世代デザイン第一弾

新型ノートは、ちょうど新世代に移行する日産デザインの国内第一弾として登場した。新世代デザインの共通キーワードは「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」。全世界に広くクルマを売るグローバル企業とはいえ、日本メーカーによる日本発のデザインであることを改めて見つめなおした格好だ。

まずは撮りおろし画像と共に、ディテールに至るまで非常に凝った外装デザインを詳しくチェックして欲しい。

コンパクトカーの領域を超えた存在感と先進性、そして質感の高さ

日産 新型ノートの外装写真を見て気付かれた方も多いかもしれない。外装のデザインテイストには、2021年登場の新型電気自動車(EV)「アリア」と共通性が非常に多い。

アリア同様に緻密なディテールと大胆な面の組み合わせで、5ナンバーサイズのコンパクトカーらしからぬ強い存在感と先進性、そして質感の高さをも実現させていることに驚かされる。

ここまで、非常に凝った造りの日産 新型ノートの外装の詳細を見ていただいた。続いて次回はインテリアについてご紹介する。こちらも外装同様にコンパクトカーらしからぬデザインだ。詳細は11月26日公開予定なのでお楽しみに。

[筆者:トクダトオル(MOTA編集部)/撮影:小林 岳夫]

日産 新型ノート X[FF/ハイブリッド] 主要諸元(スペック)

ボディサイズ:全長4045mm×全幅1695mm×全高1505mm/ホイールベース:2580mm/車両重量:1220kg/乗車定員:5名/エンジン種類:HR12DE型 直列3気筒 ガソリン DOHC(発電用)/総排気量:1198cc/最高出力:82ps(60kW)/6000rpm/最大トルク:10.5kg-m(103Nm)/4800rpm/使用燃料:無鉛レギュラーガソリン/駆動方式:FF(前輪駆動)/フロントモーター種類:交流同期電動機/フロントモーター最高出力:116ps(85kW)/2900-10341rpm/フロントモーター最大トルク:28.6kg-m(280Nm)/0-2900rpm/動力用主電池:リチウムイオン電池/タイヤサイズ:185/65R16/燃料消費率:28.4km/L[WLTCモード燃費]/メーカー希望小売価格:218万6800円(消費税込)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します