サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハース、2021年終盤のパフォーマンスに困惑。シュタイナー代表「2年前のマシンで差が縮まるなんて……」

ここから本文です

 ハースF1チームは、新レギュレーションが導入される2022年を飛躍の大きなチャンスだと捉え、2021年を犠牲にしてでも新シーズンに向けた準備に集中することを決めた。

 そのため、ハースは2021年のマシン『VF-21』の開発を行なわないことを開幕前に決定。結果として、ルーキーコンビのミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンはポイントを獲得できず、ハースはコンストラクターズランキング最下位となった。

■2022年のF1では、ドライバーたちの”腕”がこれまで以上に重要になる?

 ところが、シーズン終盤の3レースではハースがアルファロメオやウイリアムズに迫る場面も見られた。

おすすめのニュース

サイトトップへ