サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高齢ドライバーの8割、家族から運転を心配されることは「ありがたい」…NEXCO東日本調べ

ここから本文です
NEXCO東日本は、祖父母世代・親世代・孫世代の3世代に対して、運転や逆走について家族で話すことについての調査を実施。高齢ドライバーの80%が家族に運転を心配されることは「素直に聞ける」「うれしい」といったポジティブな感情を抱いていることがわかった。

調査結果によると、祖父母世代に、自分が運転する車に家族を乗せた経験は「親世代を乗せた経験」84.4%、「孫世代を乗せた経験」77.0%となった。さらに、運転を「危ない・怖い」と言われた経験については、「親世代から言われた」が17.8%、「孫世代から言われた」が6.5%となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ