サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ、新型アコードを465万円で発売。販売目標台数が低すぎて寂しい

ここから本文です

ホンダ、新型アコードを465万円で発売。販売目標台数が低すぎて寂しい

新型ホンダ アコードが国内で発売となりました。1976年に初代アコードが発売されて以来、これまでに世界で120を超える国と地域で累計2000万台を販売。今回の新型で10世代目となりました。

ボディサイズは全長4900×全幅1860×全高1450mmと大型化。フロントはインサイトとの共通性を感じさせる近頃のホンダ顔で、長いボンネットとリヤトランクに向かって緩やかにカーブするファストバック風のルーフラインが特徴。リヤランプの意匠はシビック似と言えるでしょうか。インテリアは視認性の高そうなインストルメントパネルや、落ち着いた雰囲気を醸すウッド調パネルなどがターゲット層にはマッチしそうです。

パワートレーンは2.0L 4気筒のアトキンソンサイクルエンジンに2モーター内蔵の電気式無段変速機を組み合わせたホンダ独自のハイブリッド「e:HEV(イー エイチイーブイ)」を搭載。エンジンの最高出力は145ps、最大トルクは175Nm、モーターの最高出力は184ps、最大トルクは315Nm。燃費はWLTCモードで22.8Km/Lとなっています。

気になる価格は465万円(税込み)で、EXのみのモノグレード設定。18インチホイール、レザーシート、インターナビ、フォグランプ、ヘッドアップディスプレイなど十分すぎる装備内容で、もちろん先進安全機能である最新の「ホンダ センシング」も採用されています。

少し驚いたのは月間の販売計画台数が300台とかなり控えめなこと。セダン不遇の時代にあっては現実的とも言えそうですが、北米でライバルとして渡り合うトヨタ カムリが月に1000台前後を販売しているのをみると寂しい数字に思えるのも事実。コストや手間を考えたモノグレード設定で市場の反応をみたいホンダの事情を理解しつつも、過去の一時代を築いたアコードをもっと勢いよく打ち上げて欲しかった、というファンも多いのではないでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します