サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 細部まで凝りまくったレクサス NXのデザイン! 新開発2.4ターボエンジンのカバーまでが格好良過ぎる理由は“効率化”の追究にあった

ここから本文です
2021年11月にフルモデルチェンジしたレクサスの主力SUV、2代目「NX」。ブランド初となるPHEV(プラグインハイブリッド)「NX 450h+」が話題だが、いっぽうで新開発の2.4リッターターボエンジン搭載の「NX350」にも注目が集まっている。高性能エンジンゆえ、エンジンカバーのデザイン自体も凝った形状。これまでのレクサス車ではあまりみかけない格好良さがあるのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン