サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC第2戦スウェーデン:トヨタ、シェイクダウンでトップ3独占。「タイヤマネジメントが鍵握る」

ここから本文です
 2月13日に行われた2020年WRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンの競技初日。この日は競技区間の走行はなく、2回のシェイクダウンが行われる変則的なスケジュールとなった。ワークスチームとして3台のトヨタ・ヤリスWRCを投じるTOYOTA GAZOO Racing WRTではシェイクダウン1本目でカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)がトップタイムを記録、2~3番手にもチームメイトが続いてトップ3を独占した。

 北欧スウェーデンと隣国ノルウェーを舞台に争われるラリー・スウェーデンは、WRC唯一のフルスノーイベントという特色を持つ1戦。

おすすめのニュース

サイトトップへ