サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド&ノリスが豪州SC“バサースト1000”参戦か。 マクラーレンCEOが示唆

ここから本文です
 マクラーレンF1のCEOを務めるザック・ブラウンは、VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーに参戦するWalkinshaw Andretti Unitedでも共同ディレクターとして名を連ねており、2021年からのマクラーレン加入が発表された豪州出身ダニエル・リカルドと、eシリーズでも活躍を演じるランド・ノリスが「将来的にバサースト1000で競演する」可能性を示唆した。

 レッドブル・レーシングを経てルノーに移籍し、F1通算7勝を記録するリカルドは、この世界的パンデミックの状況下でいち早く来季を睨んだ移籍市場で動きを見せ、2021年のマクラーレン入りを発表。

おすすめのニュース

サイトトップへ