現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MINIクラブマン 最終モデルとなる「MINIクラブマン ファイナルエディション」を限定発売

ここから本文です

MINIクラブマン 最終モデルとなる「MINIクラブマン ファイナルエディション」を限定発売

掲載
MINIクラブマン 最終モデルとなる「MINIクラブマン ファイナルエディション」を限定発売

BMWジャパンは2023年10月5日、こだわりのデザインを持つMINI クラブマンの最終モデルとなる限定車「MINI クラブマン ファイナル・エディション」を320台限定で発売する。このモデルは世界で1969台が限定生産され、うち320台が日本に割り当てられている。なおデリバリーは2023年10月以降の予定となっている。

MINI クラブマンは、リヤに観音開きドアを備えるスタイリッシュなワゴンタイプのデザインと、機能的な室内空間を実現し、MINIラインアップの中でも繊細なクラフトマンシップや、モダンな個性を表現したモデルだ。

【JMS2023】日産のOTA対応のコンセプトモデル「ニッサン ハイパーアーバン」を発表。未来はこうなる

MINI クラブマンは、2008年にBMWグループ製の初代モデルが誕生し、2015年に2代目へと進化。2019年にはフェイスリフトを受け、現在に至っており、日本市場でも好評を得ている。

今回のファイナル・エディションは、ボディカラーはMINI クラブマンの世界観と親和性の高いMINI Yoursエニグマティック・ブラック、人気の高いナヌク・ホワイトの2色から選択が可能。そしてアクセントカラーには専用色となる銅を想起させるシマー・コッパーを組み合わせている。

ラジエター・グリル周りや、クロスバー、エクステリア・ストライプ、18インチ・アロイホイールのグラフィック・パターンをシマー・コッパーで統一する事で、エクステリア全体にエレガントな深みとクラシックな印象を与えている。

サイド・ドア下部のピンストライプは、象徴的なシューティングブレーク・コンセプトの伸びやかなボディを際立たせ、ボンネットやスプリット・ドアにも同様のデザインを採用することで、どの角度からもファイナル・エディションであることがわかるデザインとなっている。

ボンネットとスプリット・ドアは、それぞれ片側のみにストライプを装備したアシンメトリーなデザインが特長だ。世界限定1969台中の1台を意味する「1 of 1969」 のロゴが、Cピラーとサイド・スカットルに装備され、スプリット・ドアのファイナル・エディションのレタリングと合わせ、世界でも貴重な1台であることを示している。

インテリアは、ショルダー部にエディション・バッジを備えたMINI Yoursレザー・シートを特別に装備している。シートは、ファイナル・エディション専用のダーク・マルーンで仕上げられ、ブルーのコントラスト・ステッチがアクセントを添えている。

また、シートには、運転席メモリー機能付きの電動シート、シートヒーターを備えている。インテリア・トリムにも、専用色となるシマー・コッパーをアクセントに採用し、インテリア全体を落ち着いたブラウン・トーンに統一。

マットなセージ・グリーンとシマー・コッパーのトリム・ストリップが調和したインテリア・トリムでは、 助手席側に「1 of 1969」のバッジを配している。特別装備のナッパレザー・ステアリングのスポーク下部、フロント側のドア・シルには「ファイナル・エディション」のレタリングを入れ、リヤ側のドア・シルには「1 of 1969」のレタリングが施されている。

さらに、フロアマットには、銅貨を連想させる「1 of 1969」のロゴを入れたピン・バッチを取り付け、車両キーには、アクセントカラーに合わせたシマー・コッパーが用いられ、専用のグラフィック・パターンと「1 of 1969」ロゴが立体的にデザインされている。

価格

MINI クラブマン 関連記事
MINI 関連記事
MINI 公式サイト

The post MINIクラブマン 最終モデルとなる「MINIクラブマン ファイナルエディション」を限定発売 first appeared on オートプルーブ - Auto Prove.

関連タグ

こんな記事も読まれています

【MotoGP】「短い時間しか残されていない」クアルタラロの”離脱”を防げるのか? マルケスのドゥカティ陣営入りで突きつけられるヤマハへの課題
【MotoGP】「短い時間しか残されていない」クアルタラロの”離脱”を防げるのか? マルケスのドゥカティ陣営入りで突きつけられるヤマハへの課題
motorsport.com 日本版
[カーサウンドコンテストって何?]2024年は貴方もぜひ参加を! 年間カレンダーを今からチェック!
[カーサウンドコンテストって何?]2024年は貴方もぜひ参加を! 年間カレンダーを今からチェック!
レスポンス
スーパーGT『ZF Award of the YEAR』はTGR TEAM au TOM’Sのメカニックに。HOPPY team TSUCHIYAには特別賞
スーパーGT『ZF Award of the YEAR』はTGR TEAM au TOM’Sのメカニックに。HOPPY team TSUCHIYAには特別賞
AUTOSPORT web
プリウスの価値と存在意義を高めた…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2023-2024】
プリウスの価値と存在意義を高めた…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
ハミルトン、レッドブルRB19は2020年のメルセデスに似た”完璧ぶり”「そのおかげでフェルスタッペンは先頭でチルっている」
ハミルトン、レッドブルRB19は2020年のメルセデスに似た”完璧ぶり”「そのおかげでフェルスタッペンは先頭でチルっている」
motorsport.com 日本版
スズキ新型「スイフト」発表! 美グリル&“斬新”内装がカッコいい!「印象に残る」デザインとは
スズキ新型「スイフト」発表! 美グリル&“斬新”内装がカッコいい!「印象に残る」デザインとは
くるまのニュース
【ホンダ オデッセイ 改良新型】2列目に4ウェイパワーシートを採用…インテリア[詳細画像]
【ホンダ オデッセイ 改良新型】2列目に4ウェイパワーシートを採用…インテリア[詳細画像]
レスポンス
『鈴鹿ってこんなに短かったっけ?』ひさびさのSFドライブに三宅淳詞が驚き。シート獲得に意欲
『鈴鹿ってこんなに短かったっけ?』ひさびさのSFドライブに三宅淳詞が驚き。シート獲得に意欲
AUTOSPORT web
トヨタ新型「ランドクルーザー」欧州で先行販売開始 丸目のファーストエディションは限定の最上位モデル
トヨタ新型「ランドクルーザー」欧州で先行販売開始 丸目のファーストエディションは限定の最上位モデル
VAGUE
フェラーリに間違えられた!? フィアット「バルケッタ」をあるはずないアバルト仕様に! エンジンはアルファ ロメオ!?
フェラーリに間違えられた!? フィアット「バルケッタ」をあるはずないアバルト仕様に! エンジンはアルファ ロメオ!?
Auto Messe Web
冬に備えて! 失敗しない電熱ウェアの選び方と4950円から買えるお勧め製品8選2023
冬に備えて! 失敗しない電熱ウェアの選び方と4950円から買えるお勧め製品8選2023
WEBヤングマシン
編集部おすすめのBMW「中古SUV3選」 X1/X2/X5
編集部おすすめのBMW「中古SUV3選」 X1/X2/X5
グーネット
A110の新グレードも展示!ルノー&アルピーヌ、東京オートサロン 2024の出展概要を発表
A110の新グレードも展示!ルノー&アルピーヌ、東京オートサロン 2024の出展概要を発表
Webモーターマガジン
17歳にして望外のチャンスを得たJuju、スーパーフォーミュラテストをエンジョイ。最終目標のF1に向け「今ある環境をモノにしていく」
17歳にして望外のチャンスを得たJuju、スーパーフォーミュラテストをエンジョイ。最終目標のF1に向け「今ある環境をモノにしていく」
motorsport.com 日本版
デリカミニはどんな人でも楽しめる…伊藤梓【日本カーオブザイヤー2023-2024】
デリカミニはどんな人でも楽しめる…伊藤梓【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
X1 は期待にしっかりと応えてくれる…石井昌道【日本カーオブザイヤー2023-2024】
X1 は期待にしっかりと応えてくれる…石井昌道【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
存在しないはずのオープンモデルが3台制作されていた! その価値4億円超えの「フェラーリ512TRスパイダー」
存在しないはずのオープンモデルが3台制作されていた! その価値4億円超えの「フェラーリ512TRスパイダー」
WEB CARTOP
クルマに乗ってスキーに行かない? 高速道路で「ゲレンデリフト券」が当たるキャンペーン開催!
クルマに乗ってスキーに行かない? 高速道路で「ゲレンデリフト券」が当たるキャンペーン開催!
くるくら

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

178.9209.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.0495.0万円

中古車を検索
ミニの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

178.9209.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.0495.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村