サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつては上級スポーツのアイコン! いま小型車でも「左右出しマフラー」が主流になってきたワケ

ここから本文です

 音量規制をクリアするために左右出しマフラーが採用される

 かつては大型モデルでしから見られなかった左右出しマフラーを、割合に小型のモデルでも見かけるようになった。最近の例でいえば、GRヤリスは左右出しマフラーとなっているし、スイフトスポーツは伝統的に左右出しとなっている。

ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

 近頃はマフラーのテールエンドを隠すようにデザインするのもトレンドだが、そうしたケースでもバンパーから覗き込むとマフラーが左右にレイアウトされていることは珍しくない。

 その理由のひとつとして、いまどきの自動車は騒音規制が厳しくなっていることが挙げられる。

おすすめのニュース

サイトトップへ