サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ほぼ自動運転。ドライバーの異常を検知し安全に停車させるマツダCO-PILOTの先進性

ここから本文です

ドライバーの異常時にクルマが運転を引き継ぐシステム

 マツダは、ドライバーに異常があった場合に安全な場所まで自動運転して停車させる世界初の高度運転支援技術を公開した。CO-PILOT(=副操縦士)の名称どおり、センサーが常時ドライバーを見守り、異常を検知するとシステムがドライバーから運転を引き継いで自動で車両を退避させ停止までを行う安全支援機能である。

手動運転にもペダル操作運転にも対応したマツダMX-30の福祉車両が登場

 マツダ3をベースとしたプロトタイプには、市販車と同じアイテムに加えて、12個のカメラと各種通信機器等が搭載されていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ