サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ペレスのコースオフ、審議なしの理由をレースディレクターが説明。メルセデスからも抗議は無し

ここから本文です

 F1のレースディレクターであるマイケル・マシは、トルコGP決勝でセルジオ・ペレス(レッドブル)がルイス・ハミルトン(メルセデス)とのバトル中に、コースを外れピット入り口のホワイトラインを横切った件が調査を受けなかった理由について説明した。

 F1トルコGP決勝の34周目、ペレスとハミルトンは最終コーナーでサイドバイサイドのバトルを繰り広げていたが、その際にペレスはアウトサイドにはみ出し、ピットレーン入り口のボラードを回り込んでコースに復帰した。

■タイトル狙う僚友を援護した仕事人ペレス、ハミルトンとのバトルは「最悪のタイミングだった」と振り返る

 ターン1に向けて、コースに戻ったペレスが前に出てハミルトンを抑えきり、ポジションをキープすることに成功。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン