サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル「レースは1周目に終ったも同然。次々に抜かれてダメージも負った」:アストンマーティン F1第14戦決勝

ここから本文です
 2021年F1第14戦イタリアGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは12位でレースを終えた。

■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=12位
 今日はまるでツイていなかった。僕のレースは1周目で終ったも同然だった。いいスタートを切って、最初のシケインも何とかスムーズに抜けられたのに、ターン6で押し出されて大きく順位を落としたんだ。その前のターン4と5でシケインをカットしたドライバーが何人もいて、彼らに次々と抜かれてしまったのが痛かった。

おすすめのニュース

サイトトップへ