サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 環境省、EV向け次世代インバーター開発事業の公募開始 2/14まで受付

ここから本文です
 環境省は、電気自動車(EV)の出力制御などに使用される次世代インバーターの量産機開発、検証事業の公募を開始すると発表した。窒化ガリウム(GaN)を用いたパワー半導体素子を採用することなどを条件に組み込む。EV向けで需要増が見込まれる2030年頃の実用化を後押しする。

 「革新的な省CO2実現のための部材(GaN)や素材(CNF)の社会実装・普及展開加速化事業」の2022年度予算を充てる。同事業の予算額は約21億円。エネルギー効率の高い電動車を実現するための走行インバーターの量産化、実用化を目指す民間企業などを支援対象とする。

おすすめのニュース

サイトトップへ